2016年12月7日水曜日

参考書レビュー】 GTEC CBT 公式問題集(ライティング編・スピーキング編)


前回の記事では、4技能すべての問題が入った公式問題集を紹介しましたが、

今回は、スピーキング編・ライティング編という、それぞれのセクションだけに絞った問題集についてです。



  



まず、サイズの違いから。

アマゾンのページで見ると分かりにくいですが、どちらの本も、

もとの(ブルーの)公式問題集と比べると、大きい冊子になっています。







ただし、ページ数はかなり絞られていて、どちらも100ページ未満です。








さて、この2冊ですが、一言でいえば、

★ブルーの公式問題集に比べて、解説は非常に丁寧

★一方、収録されている問題数は少なめ

です。






まず解説についてですが、全ての問題形式について、かなり詳しく説明してくれています。

「この問題へのアプローチ方法」というコーナーがあって、

それぞれの問題の種類に対して、どうやって考えていけばいいのかを教えてくれています。

また、解答例も、

「合格ラインの解答例」

「上級者の解答例」

の2種類が掲載されています。

自学したい受験者にとっては嬉しいポイントかもしれません。






ただし、問題量については、あまり期待しないでおく方がよいでしょう。

どちらの本も、合計すると2セット分のみ問題が収録されています。

(詳しい解法が述べられているChapter2で1セット分、巻末のChapter3『問題演習』でもう1セット)





正直なところ、受験者としてはもっと演習問題がほしいところですが、

今のところ(2016年12月時点)で入手可能なのはこれらのみです。

Speaking・Writingセクションを伸ばしたい人は、購入してチャレンジするのも手かもしれません。




  



以上、シンプルな参考書レビューでした!


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...