2016年3月2日水曜日

IELTS受験記(大阪1Day)


先日、大阪会場でIELTSを受験してきました。

気づいた点を、忘れないうちに記録しておこうと思います。




★試験直前

「朝8時に集合」だったので、梅田の会場に10分前ぐらいに着くと、すでに20人ぐらいが部屋に入り、荷物をまとめていました。

1人1人に大きなビニール袋が渡され、その中に、持ち込みOKなもの以外、バッグごと全て入れるように指示されます。

これらを、その部屋の机の上にみんな放置して、受験室に移動します。

「えっ・・・ 財布とかスマホとか・・・ ビニール袋に入れるだけ?」とい不安になりましたが、試験室に持ち込めない以上、従うしかありません・・・。

この点は、できれば1人1人にカギ付きロッカーを用意してほしいところですね。

念のため、ものすごい大金とかはもってこないようにしましょう・・・。




それで、試験室に入る前に、写真撮影があり、そのまま指紋もとられます。

そうして試験室に入ったのが、自分の場合は朝8:15。

ホワイトボードを見ると・・・

・9:00~ インストラクション
・9:15~ Listening

って・・・「えっ、このまま45分、待機?!」

そうです、このまま、ずっと待機でした。

前述のように、参考書などは一切持ち込めず、手もとにあるのは筆記用具とパスポートぐらい。

これはけっこう苦痛でした。

入室した他の人たちも、もう「手持ちぶさた」としか表現のしようのない感じです。

ちなみに、今回の梅田の会場では、机にシールが貼ってあって、座る席が各自すでに指定されていたので、

別に早く入室したから有利とか、そういうこともありませんでした(※これは会場によって違うかもしれませんが)。

不正行為を防止するためには仕方ないのかもしれませんが、とにかく無為な早朝の時間が過ぎていきました・・・。







ちなみに、いざListeningがスタートすると、トイレに行くのは難しいので、

行くなら、この9時のインストラクション開始前に行っておいた方が良いでしょう。

トイレに行くときは、ドアのところでパスポートを預けてから退室します。










★前半戦(L・R・W)

インストラクションは全て英語で、それにそって用紙などが配布されていきます。

Listening前には音量チェックが行われるので、音が小さいと思ったら申し出ます。

ListeningとReadingは、もう淡々と進行していきました。

Readingに入ると、係の人たちが歩いてパスポートの写真チェックをしていきますが、気にせずどんどん解き進めましょう。

答案用紙のオモテ面がListening、ウラ面がReadingとなっていますが、当然、Listeningが終了したあとは、もうそちら側の答えは修正できません。(問題用紙の方は、LとRは別々で配布&回収されます。)






そのままWriting。スタート直後はちょっとトイレに行きたいなーとか思っていましたが、

いざ始まると、もうひたすら書いていたのでそんなことは忘れていました。

(試験全般に言えることですが、朝、水分の摂りすぎには注意した方が良さそうです。IELTSは、無色透明の飲料なら試験室にペットボトルを持ち込めますが、開始時間まで手持ちぶさただからといって水ばかり飲んでいると、後で後悔するかも・・・。)

(ちなみに、Writingは、用紙が足りなくなったら、手を挙げると、追加で解答用紙をもらえます。)





もう1つ気になったのは、鉛筆が丸まっていくこと。

鉛筆削りも自分からは持ち込めないので、削りたいときは挙手して削り器をもってきてもらうようでしたが、そんな暇があるとは限らないので、

やはり尖った鉛筆を多めに持っていった方が良いと思います。

数本しか持ってない人がたくさんいましたが、鉛筆がチビていかないんだろうか・・・と勝手に心配してしまいました。

1ダースぐらいは、しっかり削った鉛筆をもっていくのが個人的にはお勧めです。









★後半戦(S)

「Osaka 1 Day」すなわち、1日で4技能全てのテストが終わる日程で受験したため、

そのまま午後にスピーキングのテストでした。

自分は運が良くて、午後の早めの時間帯スタートでした。

場合によっては、スピーキングは夕方遅くスタートという人もいるようですが、

生身の人間との対面テストなので、順番待ちが発生するのは仕方ありません・・・どの時間帯に割り当てられるかは、運だと思います。(何かルール・法則があるのかもしれませんが、知ってる方がいたらぜひ教えてください。)

ちなみに、スピーキングの時刻は、申込時には分かりません。

試験の2週間前の19時に公開される「受験確認書」でチェックできました。(IELTSのマイページみたいなところにログインすることになります。)




なお、現場では、1つショッキングなことがあったんです。

スピーキング試験には、集合時刻と、目安の開始時刻(=集合時刻の20分後でした)があったんですが、

この開始時刻の方に、(たしか3分ぐらい)遅刻した受験者の人がいて、

この方は受付にて受験を断られていました。

かなり厳しい処置だと思います。気の毒すぎます。

2万5千円も払って、朝早く集合して3つのセクションはしっかり受験して、でもそれが、数分の遅刻で無効になってしまうなんて・・・。

正直、かなり驚きました。 粘れば(夕方の一番ラストに回してもらえるようお願いしまくるとか)、なんとかなったかもしれませんが、その受験者の方は、しぶしぶ帰っていかれました。

たぶん大学生ぐらいの男性だったと思いますが、是非次こそ頑張ってほしいなと思います。

・・・というわけで、スピーキング試験の遅刻だけは本当に気をつけた方が良さそうです。

素直に、集合時刻を守って会場へ向かいましょう。








スピーキングの会場に着くと、まず指紋をチェックして、本人確認が行われました。

その後、待合室で待っていると(※電子機器は使えませんが、本などは読めました)、

時間が来て、ネイティブの試験官の方が直接、受験者の名前を呼びにくるスタイルでした。

病院の待合室みたいな感じです。

名前を呼ばれて、「How are you?」とか軽く会話しながら、各自の小部屋へと移動していきます。

部屋に入ると、机の上にはICレコーダーが置かれており、試験官と対面で座ります。

試験官の手もとにはタイマーがあり、どのパートでも、一定の時間が来ると、

「そこまででOKです」という感じで話はストップさせられます。(あくまでフレンドリーな感じで。)

時間の管理は向こうがやってくれるので、こちらは質問に対して、しっかり話すべきことを話せばOKという感じでした。

パート2のスピーチのところも、相手が「そこまでで結構」と言うまで、こちらとしては話し続けた方が良いらしく、

ここは、時間が来ると機械的に録音がストップしてしまうTOEFLとかなり違うところですね。

好みが分かれるところでしょう。












・・・このぐらいです。

TOEFLとはまた違った、ハードなテストでした。

他に思い出したことがあれば、また追記します!では!











Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...