2015年5月7日木曜日

ライティングのQuestion-1、統合型(Integrated)のメモ。



前回までのメモの話題とも関連しますが、

ここでは、ライティングの統合型(Integrated)のメモについて少し紹介します。






(ライティングの問題構成についてあやふや、という人は、

 「ライティング問題 ざっくり」のページ で確認し直してみてください。)







Writingの1問目、統合型の問題では、

基本的には

「まずReading passageで、主張+それをサポートする3つのポイントが示される」

そして、

「その後、リスニングで、主張+各3つのポイントについて話し手が言及する」形式となっています。













そこで、メモとしては、この3つのポイントを効率よくメモしていくことになります。

下の写真は、

実際に演習した際に、公開することを前提とせずに素でメモをとった時のサンプルです。



このメモでは、下のリスト部分で、

左の列に「Reading passage」からの3つのメモ

右の列では、各3つに対応した「リスニング」からのメモが並んでいます。






人によってスタイルは異なりますが、このように、

読み取ったパッセージと、聞き取ったリスニングとを、それぞれ対応させて書いていくと、

いざ答えを打ち込む際にも素早く整理できます。








ちなみに、このメモでは、前に紹介したような「↑」や「↓」、「esp.」といった略語も使われています。

また、場合によっては日本語でメモもとっています(その方が手っ取り早い場合)。

この写真メモ自体は、

まだまだ改善の余地が大きくあります(重要度の低い単語を、いちいち省略せずに書いてしまったりしているため、その分時間をロスしてしまっている等)

が、それでも参考になる部分はあるかと思い、紹介しました。








ともかく、統合型(Integrated)の際は、3つのポイントを整理してメモしていく

という点をしっかり確認しておきましょう!







Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...