2015年4月15日水曜日

TOEFLの試験会場の情報




TOEFLは約4時間という鬼のような試験のため、

英語力のみならず、体力や気力まで求められる試験であることは否定できません。





しかし、体力や気力の他にも重要になってくるのが、会場選び

スピーキング問題も含まれるTOEFLでは、

自分がリスニングをしている間なのに他の受験生がスピーキングの答えを話しはじめたりするわけですが(※それ自体は、もうそういう設計の試験なのだと、受け入れるしかありません)、

その際、隣の席との間に仕切りがなかったり、さらには席が近すぎたりすると、

余計に集中できなくなる危険があります。









いま「空き」のTOEFL会場を調べるにはTOEFLのサイトでログインしないといけないということは

以前にこの記事で紹介しましたが、いくら会場の名前を見ても、

受けたことがない会場の特徴は分かりませんよね。






そこでオススメなのが、

このTOEFL GUIDEというウェブサイトです。

「試験会場」のページで、自分が受験予定の地域を選択すると、

その地域の試験会場が一覧で表示されます。

あとは、気になる会場の「口コミ」のアイコンをクリックすれば、

今までに受験した人々による評価を見ることができます。

(みなさんも受験した後は、より正確な情報が蓄積されるように、

 せっかくなので試験会場の自分の評価を書き加えてみてください。)






あるいは、気になる受験会場名で検索すると、

会場の情報が紹介されているページに行きつくこともたまにあります(※絶対たどりつけるわけではありません)。







このページでも今後、いくつかの会場についてレポートを紹介したいとも思っているので

もし気になる会場情報があったら是非読んでみてください。









Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...