2015年4月25日土曜日

「難しすぎる問題」で試験中にヘコまないための知識




TOEFLは英語試験のプロたちが作っているので、


受験者としては、安心して全力をぶつけられるテストです。

が、それでも、人間が作る以上は、

問題にミスがあったり、あるいは難易度が偏ってしまったりすることもありえます。





そのために、TOEFLでは、本番の試験後にも、問題のチェックを行います

ここではリーディングとリスニング(特に前者)を対象に話します。

(以下、出典はこちら(PDF)です。少し以前の資料ですが、基本的な流れは同じはずです。)





具体的には、テスト後、各問題の正答率などの要因を検証して、

難しすぎた問題や、簡単すぎて受験者のレベルを判別できなかったような問題は、

採点に含まないという措置をとるようです。





ということは、本番中、「これどう考えても答えないよー」とか、

「難しすぎて泣きそう」と思ったとしても、

もしかしたら、その問題は採点に含まれないかもしれません。

また、たとえ採点に含まれても(実際、ほとんどの問題は採点に含まれはするでしょう)、

その後、過去に出題した類似問題と比較するなどして

その回の問題の難易度を計測するので、

問題が難しすぎたからといって、最終的なスコアが下がるとは限りません

(もし、「今回の問題は、他の回に比べて難しかった」と判定されれば、

 たとえ正答した絶対数が少なくても、

 最終的な30点満点の換算では良い点数になる可能性があるということです。)

逆に、簡単すぎる回では、たくさん正解していても、点数がシビアに出る可能性だってあります。







ということで、最終的な換算得点は、フタを開けるまで分からないというのが真実です。

だから、テストの最中に、「あーリーディング、全然分からなかったからもうダメだ」と絶望してはいけません

正答数だけでは換算得点は分からないので、

「今回が難しい回だった」ことを祈りつつ、終わったことは忘れて、次のリスニング、

そして後半戦のスピーキング&ライティングに臨むべきです。

もし本当に結果が悪ければ、結果が発表されたそのときにしっかり反省すればいいので、

少なくともテストの最中は、良い方向に考えて、

吹っ切れて次のタスクへと突き進んでいく。

そのための1つの材料として、

「難しすぎる問題は除外されうる」ということ、

そして「正答数だけで点数は決まらない」ということを、頭の片隅に入れておくとよいかもしれません。










☞TOEFLに関する他の情報も読む








Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...