2015年4月14日火曜日

光合成 【背景知識シリーズ】


背景知識シリーズ、第1弾の「太陽系」に引き続き、

第2弾のテーマは、「光合成」です。







おさらいで、まずは日本で埋めてみましょう…


___と____________と______から、栄養素と______を生み出す活動。









答えは・・・









二酸化炭素日光から、栄養素と酸素を生み出す活動。

「栄養素」っていうのは「でんぷん」と習った人もいるでしょう。







さて。基本の用語から頭に入れてしまいます。

まず、今日の主役、光合成

これはphotosynthesisといいます。

photo- は「写真」だけでなく「光」という意味をあらわす接頭辞。

synthesisは、synthesize(統合する・合成する)の名詞です。












続いて、光合成に必要な3つの要素。




。これはそのまんま、waterですね。H2O。





続いて、二酸化炭素

「CO2」は大丈夫だと思いますが、英単語で表現すると、

carbon dioxideです。これも分解してみれば簡単です。

carbonが炭素(C)。

dioxideの「di」っていうのが「2つの」っていう意味を表していて、

「oxide」の方は、「酸化物」という意味(これは、酸素=oxygenから連想します)。

つまり、まずcarbonで「炭素」、

続いて di+oxide で、2+酸化物 つまり「二酸化(物)」、

あわせて「二酸化」「炭素」です。

(とりあえず理屈は書いたとおりですが、結局リスニングのときなどは

 「carbon dioxide」と聞いた瞬間に「二酸化炭素のことか」と分からないと意味がないので、スッと頭に入るまで覚えましょう!





日光sunlightですが、

単に太陽ならsunだし、光ならlightですね。






・・・というわけで、ここまでで、まず光合成に必要な3つの要素が揃いました。

Water + Carbon dioxide + Sunlight

ですね。










さて、ここからデンプンなどの栄養素と、それから酸素が出てくるわけですが、

この3つがそう変身するためには、

葉緑体に含まれる葉緑素が必要です。

順番に、

葉緑体は、chloroplast

葉緑素は、chlorophyllといいます。













さて、この葉緑素(chlorophyll)の働きで光合成(photosynthesis)が行われ、

栄養素と酸素ができるわけですが、

まずこの栄養素から。日本語だと「デンプン」と習ったりしますが、

英語だと、ということで、sugarと表現することが多いようです。






そして酸素oxygen








以上、まとめると・・・


Photosynthesis

Water
 + Carbon dioxide
 + Sunlight

 Chlorophyll ↓

Sugar
 + Oxygen


ですね。









Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...